2016年10月29日土曜日

富山維新

残暑が残っていたかと思えば、ここ信州は急に寒さが厳しくなりました。今年は相次ぐ台風の被害、また鳥取で発生した大きな地震の被害など、災害、震災が相次ぐ年となりました。また東京オリンピックの建設問題や、富山市議会の相次ぐ政務活動費不正受給問題など、昼のワイドショーまたメディアも、政治に無関心ではいられなくなってきたと実感しています。事実、日本の課題は山積しており、国家予算の半分以上は借金、その借金財源で不正受給を行うなどいつまで昭和なのかと、呆れてしまう有権者の気持ちは良く分かります。これからは国に頼らずに地方、地域が自立していく時代。日本維新の会は「自立する個人、自立する地域、自立する国家」をスローガンとしています。今こそ、地方も古い政治を壊し、新しい政治を創る!身を切れる勇気と改革が求められてると感じています。話を元に戻しますと、11月に入るという事で寒さは急に増してきましたが、明日10月30日、今週の日曜日より、熱い闘いがお隣の富山で行われようとしています。富山市議会の政務活動費不正受給問題で議員>辞職に伴う、富山市議会補欠選挙が公示されます。先の現職議員の辞職に伴い、日本維新の会は「富山維新の会」を立ち上げ、今回、3人の同志がこの闘いに挑みます。皆それぞれ本当に地元、富山を愛してる、その熱い気持ちがこの富山市議会補欠選挙を通して皆様に伝わる事を願っています。富山市は新幹線が金沢に延伸して長野市からはわずか約45分と近隣都市になりました。富山維新の躍進がここ長野にも訪れる日まで、皆様に叱咤激励を頂きながら頑張ります。身を切れる改革ができるのは維新だけ!前に進む市政に!富山の将来に期待してください。

2016年7月4日月曜日

第24回参議院議員通常選挙

6月22日より第24回参議院議員通常選挙、7月10日投開票という長い熱い闘いが遂に始まりました。 今回は選挙権が18歳以上に引下げられた初めての選挙です。多くの若者が一票の重みを実感し、これからの日本の形を創造する良い機会になればと思います。 また選挙中にはイギリスのEU離脱やバングラディシュでのテロなど様々な事が起きました。 残り1週間、候補の皆様は大変お疲れとは思いますが、最後の最後まで有権者に届くように熱い闘いをしてください。 私とは言いますと、初日は今回、参議院選挙に埼玉選挙区から出馬している沢田良さんの応援にお伺いしました。当日は雨でしたが、それにも負けない名演説で周囲を明るくしてくれました。彼は維新政治塾で同じクラスで同じ36歳!参議院選挙という大きな闘いに挑んでいる彼ですが、熱い志で最後まで闘い抜いてくれると思います。皆さん、期待してください。また先日はおおさか維新の会 馬場伸幸幹事長が信州に参りました。一緒に同行させていただきました。おおさかで行った維新の改革をここ信州にも吹かせます!身を切る改革は維新だけ!

2015年4月20日月曜日

再起

県会議員選挙が終わりました。結果は大敗でしたが、組織に頼らずに志を持って挑戦した事は今後、本人そして党にとっても大きな意味になると思います。僕らはまだまだこれからです。地方は議会崩壊も含めてまったなしの状況な事は間違いないです。今後も志有る限り、また挑戦していきます!若者に未来を、お年寄りに生きがいを!

2015年4月4日土曜日

統一地方選挙 手塚大輔

inconsistency(矛盾)とinsecure(不安) 戦後70年を迎えた今の日本にはこの言葉がとてもしっくりくるかと思います。 日本は世界一の高齢化かつ人口減少を目の当たりにしても現実逃避し小手先の政策をただ並べるだけのが現状。 そして多くの政治家は戦後培われた担保借金財源ありきの事しか言わないのも事実。 これからの「福祉」「教育」「雇用」を良くします! 4年に一度のお決まりのフレーズです。 機能していない政治は多くの地方議会も同様だと思います。 過去最低の投票率や無投票当選。 本来、政治や未来に対して一番に考えなくてはいけない世代も政治に期待もしないし何も求めない。 全ての組織や物や環境が成熟矛盾し、不安を解消する事ができないし、成熟した矛盾を乱す事もまた不安に繋がる。 未来に不安はあるが政治が解決してくれるとは思っていない。 しかし、僕たち世代は先輩世代を支える側として、この「矛盾」と「不安」を解消する為に「政治」に対してしっかりと向き合わないといけない。 これから日本はどんどん人が減り、負担が大きくなるのは事実。 手塚大輔32歳。 彼は維新政治塾の同期であり、尊敬する同志の一人。 どんなに辛い時もこれからの長野県、日本の形を語り合ってきました。 彼は「覚悟」と「責任」、そして熱い「志」と共にこの選挙戦を戦っていきます。 皆さんの熱い応援のほど宜しくお願い致します。

2015年1月4日日曜日

明けましておめでとうございます

2015年新年明けましておめでとうございます。 昨年中はたくさんの方にお世話になりました。本年も宜しくお願い申し上げます。 2015年は戦後70年という節目の年に加えて、地元長野では新幹線延伸、善光寺御開帳と一つのターニングポイントとなる大事な年です。 我々「有志党」も今春に行われる統一地方選挙を目指し活動して参りますので応援のほど宜しくお願い致します。 皆様にとって良き一年となりますように。

2014年12月28日日曜日

2014

2014年はベルリンの壁崩壊を機に米ソ冷戦の幕引きからちょうど25年、日本も平成に入り25年の節目の年でした。 また来年2015年は戦後70年を迎えます。社会科学では100年を一つのタイムサークルして考える中で70年以降は大きな転換期を迎える事になります。 日本が歴史と時代に答えを見い出せない限り、残り30年間は財政的な漬けと衰退の一途が予想されます。 来年は更にこれからの日本はどうなるか本気で考えないといけない時期に局面していくでしょう。 2014年は激動の入口、そして来年2015年は激動の年になるかと思います。 所得倍増計画を打ち出した1960年以降、日本は高度成長を通してアメリカに次ぐ世界第二位の経済大国にまで昇り上がりました。 その後、1989年の米ソ冷戦の集結を機に国際情勢は大きく変化し、政治においてはこと民主化、経済においては市場経済化、グローバル化にシフト、日本はバブル崩壊へと繋がりました。高度経済成長という大型船に乗れた頃は政治の役割はただの利益誘導と税収の分配でした。その後は経済成長というエンジンを失い続け、ただ首相がコロコロと変わる失われた時間の積み重ねでした。 失われた20年を通しても日本はいつかあの頃みたいにという甘さが政治にも露呈してる気がします。 今月の解散総選挙もしかり、日本は何のビジョンもないその場しのぎの4年に一度の勝つ為だけの選挙をただ積み重ねて来ました。 時代にシフトできず、高度成長期と同じ一部組織の利益誘導型、分配型政治を推進してきた結果、巨額の財政赤字そして未曾有の超少子高齢化問題を積み重ねました。 2014年も国内総生産が2四半期連続のマイナス成長となり、未だ低迷のトンネルから日本は抜ける事ができないでいます。 2%のインフレ率を目指すのであればどこかで異次元的緩和も歯止めが必要です。 2015年はFRBの実質利率引き下げと共に日本は国債購入をやめる事ができるか否か。 国債購入をやめるという行為自体が、財政危機や金融危機の引き金なるかもしれません。 日本は資源もない、人もいない、潜在的な成長も見込めません、また頼みの綱の個人貯蓄も高齢化と共に今後は切り崩しに入ります。 今後、経済的なフロンティアがない日本において特に解決しないといけない問題は大きく「貧富の格差」「高齢者と若者」「都市と地方」に分類されるかと思います。 特に「財政再建」と「超少子高齢化」への抜本的な解決方法がない限り、来年、日本は大きく財政問題に対して厳しい局面を迎える事になるかと予想されます。 2014年も多くの大先輩、先輩、友人、同志の皆さんに支えられた一年でした。 どんなに厳しい状況や未来でも僕たち有志は来年も長いビジョンを持って声を出し続けます。 若者に未来を、お年寄りに生きがいを。 そして良いお年を。

2014年11月5日水曜日

志有る限り、有志党結党

去る10月27日午後7時より、松本市にて地域政党「有志党」の結党宣言並びに来年に行われる長野県議会選挙においての手塚大輔、出馬会見を実施致しました。 偶然ですが、なんとこの日は僕が立候補し、落選したあの長野市長選挙からちょうど一年。 僕はあの選挙を通して本当の意味で「志」を一つにできたのではないかと感じています。 それが一つ形となった事は代表としても同じ同志としても本当に感激です。 こうして一年経って、選挙後も勉強会や会合を通して知り合った多くの方々、そして大先輩、先輩、先生、仲間、同志、本当に感謝です。 よくあの選挙に対して「なんで選挙なんか出たの?」という質問をいただきますが、答えはただ一つ「志」です。 これから来る我々の時代に向き合うには個々が己のビジョンと志を持つ事が一番大事だと今でもそう思っています。 何もしなければ何も変わりません。 憤慨する気持ちなくして新しい郷土、長野、日本、そして我々の時代も来ないのは既にどの観点からも明白な事実です。 僕たち有志は立場、美学や世間体の為に活動しているわけではありません。 先祖、先輩を敬い、そして郷土と文化を守り抜き、時代に適合できる新しい長野、日本の為、そして次の世代にそれらを繋げる為に「志」を持ち立ち上がっただけです。 僕らは職業も環境もまったく異なり、お金も地盤も何もないですが、「志」だけはあります。 立場違えど、その気持ちに賛同していただけるなら、是非皆様のお力をお貸しください。